NEWSニュース

2021年10月01日

毎日コツコツやってみる?

NEWS

節約の話をしていると、大してお得にならないから見直さないという人を見かけます。

そういう人は私は放置します。提案するだけ無駄ですから。



見直し項目は?

では、節約したい人が目を向けるべき項目はどれでしょうか?

主な項目は下記の通りです。

『食費』

『消耗品』

『サブスク』

『食費』は支出のメインの1つですので見直したい項目です。

節約するにはまとめ買いや予め購入するモノを決めてから買いに行くと余計なモノを買わないです。また購入場所をスーパーやドラッグストアで安く抑えたり最近ではネットで購入したほうが安いケースも多いです。

私もついつい行っちゃいますが、コンビニは節約の天敵です。誘惑の塊なんです。気が付いたら余計なモノを手にしてますから。コンビニ限定やコンビニ先行発売しちゃってるともう大変です。

ドリンクも自動販売機やコンビニでの購入を避ければ半額位で購入できることもあります。

『消耗品』の多くは食費と同様にスーパーやドラッグストア、ネット通販が安く買えます。ストックが無いと心配な方が多いみたいですが、ストックしていることを忘れてまた買ってしまう方も多いです。消費期限を確認して無駄なく購入しましょう。

『サブスク』は最近の流行の買い方ですね。「定期購入」「定期購読」と訳すと分かりやすいです。

例えば、新聞購入や健康食品が定期的に届くものはサブスクですし、フィットネスジムもサブスクになります。最近ですと音楽配信や雑誌漫画読み放題のサイトやアプリも該当します。何も言わなければ毎月利用出来て便利ですが、全然利用していないのにお金だけ取られているケースも多いです。心当たりありませんか?

また意外と気づいていないのが携帯のアプリです。購入して終了のアプリもありますが、音楽配信アプリのように毎月費用が発生するケースは要注意です。使用していなければ解約しましょう。またクレジットカードもチェックしてください。年会費だけ取られているカードお持ちではないですか?

最後に

コツコツ見直すだけでそれなりの費用を抑えられます。こういう話をしますと、「おこづかい」や「タバコ」「お酒」の費用を減らすように言って欲しいと特に奥様方から言われます笑

減らす話をしようものならご主人から睨まれて嫌われますので、この項目を維持する為に他の家計の見直しをきちんと奥様に協力してもらう話をします。協力できないと言われたらお小遣い減らす話をどんどんしちゃいます。

家計は家族みんなで協力して成り立つものです。辛い節約ではなく楽しい節約を心掛けてください。

 

 

 
有限会社ティーエムライフデザイン総合研究所

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6264-7682

こちらもご覧ください

マイベストプロ紹介ページ