NEWSニュース

2021年09月29日

団信の特約は民間の生命保険と違うの?

住まいづくり 住宅ローン 保険

住宅ローンの団信の特約には色々種類があります。

住宅ローンの支払い免除要件を見てみると・・・

(例)

がんになったら

3大疾病になったら

7大疾病になったら

11大疾病になったら

介護状態になったら

なるほど、条件が変わりますね。実際どれを選択すべきか判断しにくいですね。そしてこの内容を細かくチェックしますと民間の生命保険との違いも見えてきます。



 

異なるポイント

【ガンの取扱い】

団信の場合は、悪性のガンと診断されることがローン免除の条件になっていることが殆どです。

民間の場合は、支払事由として初期ガンを含むケースが多いです。もちろん悪性ガンのみ対象とする保険会社もありますのできちんと確認する必要はあります。

【急性心筋梗塞と脳卒中の取扱い】

金融機関の商品により異なるのが、上記2疾病になってから何日間経過するかによって免除要件が変わります。

◇免除要件が緩いケース →上記2疾病で治療目的で入院した場合

◆免除要件が厳しいケース→上記2疾病になり就労不能状態となり13か月経過した場合

就労不能状態が13か月となりますとほぼ寝たきりに近い状態ですし高度障害状態になっている可能性もあります。

民間の保険の場合も条件は様々ですが、割と多いのは20日間以上入院したり手術を行った場合に給付されます。

最近の民間の保険は「急性心筋梗塞と脳卒中」ではなく「心疾患と脳血管疾患」と3大疾病の定義を変えているケースも出てきました。

対象範囲は「心疾患・脳血管疾患」が広くなっていますので、保障としてどのように考えていくかが重要です。

 

どこまでカバーすべきか

住宅ローンはシンプルにして、保障はきちんと考えたい方は民間の保険がお勧めです。将来借り換えをしたら団信の内容も変わってしまいます。

金融機関によっては無料で付加してくれるケースもありますので選択しても良いでしょう。

反対に、体調が様々な状況下になっても最高の保障を備えておきたいと考えるならば免除要件の緩い団信を選択してください。勿論民間の生命保険に加入していることも大切ですが。

住宅ローンとの付き合い方によっても選択肢は変わります。

営業担当者に言われるがままではなくきちんと考えていきましょう。

 

 

 

 
有限会社ティーエムライフデザイン総合研究所

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6264-7682

こちらもご覧ください

マイベストプロ紹介ページ