NEWSニュース

2021年04月30日

「ウッドショック」の影響はありますか?

NEWS

いよいよ連休ですね!とは中々喜べない大型連休が始まります。

自宅で過ごす方も多いかもしれませんが、家づくりの方には気になるニュースがありましたね。

ウッドショックとは?

新型コロナウイルスの感染拡大で意外なところで影響が広がっています。
「ウッドショック」と呼ばれる木材価格の高騰です。



何故発生したの?

特に北米では住宅建築が大盛況みたいで、世界中の木材がどんどん北米へ流れているようです。
リーマンショックで苦しんだのになと思ったらもう10年以上前の話ですから次世代の方の住宅購入意欲が高いんですね。
経済の復活をアピールしている中国も、内需が盛んで国内とアメリカへの流通が活発だそうです。
ヨーロッパも同じく、住宅建築が活発になっているようです。

では日本は?というとこれまた同じく、住宅建築の需要は新型コロナの影響で盛況みたいです。
確かにTVを見ていても郊外の戸建て住宅が飛ぶように売れてるなんて放送してましたね。
コロナによって在宅勤務になった方が購入にシフトしてるとのこと。
住宅メーカーの売り上げは2020年から右肩上がりとは羨ましい業界です。

どんな影響がある?

では実際にこれから住宅購入する人にとってどんな影響があるでしょうか?
海外の安い木材を調達できないから国内の高い木材を使用するしかないみたいです。
その影響で国内の木材価格は1月から4月で1.5倍以上の価格上昇になっているようです。
ちょっとびっくりな価格です。
今までは海外の安い輸入木材を利用していた業者さんからしたら1.5倍以上のダメージでしょうね。

ハウスメーカーはどうするでしょうか?
価格を上げて販売する?それとも本来使うはずの木材を少なくして、家を建ててしまう?
さすがにそんなことしませんよね、大手のメーカーさんは。
間引いたりしてバレたら法律違反ですし一大事です。

もしくは、使うはずの木材よりも品質の低いモノを使うとか?
これは正直分かりません。私は木の違いは分かりません。
もちろん住宅の設計図にもどこのどんな木を使用するとか記載していないケースがほとんどです。

ネットに出てた某メーカー担当者のインタビュー記事では

6月以降の新築物件は使用する木材の種類を変更するかも」と・・・

種類の変更って何でしょうかね?やはり質を落とした木材でしょうか?謎です。

今現在建築を考えている方は不安だと思います。
え?私は鉄骨メーカーで検討しているから関係ない?
いえいえ、鉄骨メーカーも室内にはふんだんに木材を使用していますので他人事ではありません。

もちろん建築中の方も不安かもしれません。
住宅完成前にハウスメーカーが潰れたら苦境に立たされます。

今できる対策は?

個人的な意見としては早めにメーカー選択を行うことです。
各ハウスメーカーは契約時の見積書で建築を進めて行きます。
毎月見積金額が上昇していることを考えますと早めにメーカー選択してじっくり打ち合わせを行う
ことがロスを減らせるかなと思います。

大手メーカーで検討されている方はそこまで心配いりませんが、地元の工務店で検討している方は
完成時期を遅くすると「倒産リスク」も考えるべきです。

GW中の活動案内

悩みがつきないかもしれませんが、不安な方はご連絡ください。
連休中も精力的に活動しております。
オンライン相談も受け付けております。

皆様充実した時間をお過ごしください。
有限会社ティーエムライフデザイン総合研究所

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6264-7682

こちらもご覧ください

マイベストプロ紹介ページ